Skip navigation

30代から40代というステージは男性の疲労やストレスが満タンになる時期です。
ストレスによる男性機能の低下が身体に現れる事例も多いでしょう。
ED気味の体調のままでは、夫婦生活の危険度が一気に上がります。
食事や睡眠習慣の改善を図り、何とか体調回復に努めたいところです。
一般的な方法で良い成果が見られなかったら、次にED治療薬を検討してみましょう。
バイアグラやシラグラといった商品が今では世間に普及し、人気になっています。
治療薬は「松葉杖」のような存在です。

23graphピンチの時、その力を借りる事は、決して悪い事ではありません。
その後、自分の体調や夫婦の性生活を見ながら、徐々にED治療薬を「卒業」する事も十分可能です。
バイアグラやシラグラといった海外製医薬品は一般的な店舗にはありません。
それを迅速に調達したいなら、お薬の輸入代行HPが便利です。
輸入代行HPには、様々なジャンルの海外製医薬品が置いており、近頃ではインド製ジェネリック薬が話題を集めています。
※関連サイト
個人輸入代行店(私が利用したところ)・・・あんしん通販薬局

コストについて

コスト面が気になる男性陣は、バイアグラジェネリックの利用を検討した方がスマートです。
バイアグラジェネリックであるシラグラ、その費用対効果は抜群になっています。
なんと1錠あたりの価格が、150円から300円前後です。

その程度のコストであれば、毎週性行為を楽しんでもお財布が痛みません。
頻繁に性行為を満喫したいなら、先発薬よりもジェネリック薬が役立つでしょう。
主成分や効用といった部分に違いはないため、まず問題なく使えます。

バイアグラと同じ成分で構成されているため、効き目が素早く感じられます。
服用者の体質によって時差が見られますが、大体15分から30分で、健全な男性機能が取り戻せます。
効果の現れが遅い方々でも、30分から45分も待っておけば、ED治療薬の効果が違和感なく生じます。
シラグラにはバイアグラ譲りの即効性があり、性的刺激によって一気にペニスが起き上がります。
若々しい固さ、そそり立つ巨塔のような角度が服用によって得られます。
ガチガチのペニスは女性の奥を効果的に刺激出来るため、男性はもちろん、奥様側の満足度も一気に向上するでしょう。

そのくらい持続性があるのか?

一度、勃起出来れば後は自由に性行為を始められます。
ビンビン状態が簡単に維持出来るため、挿入やピストンが捗ります。
また性的刺激が続く限り、ペニスは勝手に萎えません。
シラグラの持続時間である3時間から6時間の間、健康的な勃起力を維持できます。
性的なモチベーション次第で、一夜に3回から6回程度のプレイが可能になります。